通信設備工事とはどのような仕事?

通信設備工事業界で働くのに役立つ知識や資格

電気通信工事の代表的な仕事内容や大変なところは?

電気通信の仕事について関心をもつと「どのような仕事をするのだろう」、「自分も出来るのだろうか」など疑問が湧いてきます。 一言で「電気通信工事」といっても様々あり、電話工事やインターネット工事・インターホン工事などがあります。 今回は、通信設備業界で役立つ仕事内容を詳しく見ていきましょう。

一言で電気通信工事といっても様々あり

それでは、電気通信工事の代表的な仕事内容や大変なところなどを、くわしくご紹介していきます。
LAN工事・インターネット工事とは、建物内やオフィスのフロア内といった、せまい領域にあるコンピューターで設定されているネットワークのことです。
LANについては、「有線LAN」と「無線LAN」に分けられていて、LANケーブルを使いネットワークに接続する事を有線LANといい、LANケーブルを使わずに、電波で無線接続する事を無線LANといいます。
一般的には、パソコン・プリンター・セキュリティー機器・通信機器などを、情報網に接続するための工事を「LAN工事」と呼んでいます。
この他に、アパートやマンションのネットワーク機器の設定工事やwifi設置工事・光ケーブル工事・LANケーブルの配線工事などを通じて「LAN工事」や「インターネット工事」と呼んでいる会社もあるのです。
通信工事業界の中では「LAN」は良く使用される言葉なので、覚えておくと良いでしょう。
この仕事の大変なところは、「LAN配線をどう通せば邪魔にならないか」を考えつつ作業を行うため、設計図の見方を覚えることが必要になります。
現場では、「LAN」や「サーバー」などといった専門的用語で会話する事もあるので、覚えておくと良いでしょう。
電話工事は、「屋内での工事」と「屋外での工事」に分けることが可能です。
主に、屋内での工事は「新設工事」「移設・移転工事」「増設工事」「修理・保守」などを行います。
建物の中まで引き込んできた電話線を、電話機まで配線し使用可能な状態にするまでの工事です。
また屋外での工事は、電信柱より建物内に電話線を引き込む工事を行います。
高所作業車に乗り作業を行う事もあるので、高い所が苦手という方にはあまりオススメできません。

電気通信工事に関心がある方必見

今まで、電気通信工事会社の方々にお話を聞いた実績をもとにして、「経験がないけれど働けるの?」「通信工事には将来性はあるのか」「通信工事会社で働きたいけど、志望動機は何を書けばいいの」など、様々な不安や悩みにお答えします。 電気通信工事に関心がある方、電気通信工事会社に転職を考えているの方は必見です。

電気通信工事と聞かれてどんな仕事を想像する?

あなたは「電気通信工事」と聞かれると、どのような仕事を想像しますか。 「電気とは関係なさそうだけど何をやっているのか詳しくは分からない」「電話の回線をいじったりする電線の工事」「パソコンにも詳しいイメージがある」「作業着を着てヘルメット被り電柱に登ったりして大変そう」という様々な意見がありました。